2007年04月11日

できること

07041101.jpg


能登半島地震発生から2週間
機会に恵まれて能登半島地震災害の住宅相談会に参加してきました
私が配置されたのは一番被害の大きい「輪島市門前町」
その地区の方々の住宅相談&現地調査が主な内容です

朝、現地に到着し現状を目の当りにして言葉を失いました
「写真や映像、文章では伝わらないもの」それが現場にあふれていました
今の私になにができる?
不安を覚えたけれど、住民の方と接しチームで現地調査していくうち
「自分の目で見て感じること」このことがどれだけ大事かを感じました
様々な家の状況、人間模様、全てがドラマでした
相談会は技術のケアはもちろん住民の方々の心のケアもしていることもわかりました
その中で見せる住民の方々の様々な表情は一生忘れないと思います

今の私にもできることがあります
参加したことでこれからの私にできることはもっとたくさんにふえました
深く様々なことを感じた1日、人生観のベクトルは確実に変わった気がします
明日につながる大切な1日に感謝!

【のりこ】

===
ぶろぐらんきんぐ


posted by まっく at 10:49| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | まっくのべんきょー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
崩れた壁、剥き出しになった鉄骨、屋根を被うブルーシート・・・、12年前の大阪・神戸でも同じような光景でした。
自然の猛威の前に、人間はまったく無力な存在です。
畏怖の念、謙虚さを持ち続けることも建築家としての使命なのかも知れませんね。
Posted by まっくん at 2007年04月13日 23:05
ボランティアに参加したことで、建築に携わるものとしての「使命」を強く感じました。今後も時間が許す限り参加します。きっとこれからにつながっていくと思うから。まっくん、いつもコメントありがとうございます☆
Posted by のりこ at 2007年04月19日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

できること
Excerpt: 能登半島地震発生から2週間 機会に恵まれて能登半島地震災害の住宅相談会に参加してきました 私が配置されたのは一番被害の大きい「輪島市門前町」 その地区の方々の住宅相談&現地調査が主な内容です ..
Weblog: teamnorinori♪
Tracked: 2007-04-11 11:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。